フリフリグッパー体操の紹介

 粟田町内には、民生委員4名と主任児童委員1名及び推進委員11名の方がおります。「社会奉仕の精神」にもとづき、福祉活動の一環として、高齢者や未就学児童を対象に「フリフリグッパー体操」「いきいきサロン」「ちびママ広場」の集いを開催し、健康増進やふれ合い活動をしています。

 「フリフリグッパー体操」は、高齢者が体操で介護予防と健康維持を図る目的で、平成17年に「北下浦地区フリフリグッパー体操を広める会」が発足したのが始まりです。この体操は、筑波大学の医学博士が考案し、認知症の予防に役立つとのことで、テレビでも度々放映されています。粟田では横須賀市主催による「転ばぬ先の筋トレ教室」の講習を経て、平成17年にフリフリクラブを立ち上げ、民生委員・社会福祉推進委員が中心となり活動し、現在に至っております。ラジオ体操・フリフリグッパー体操・筋トレ・タオル体操などを取り入れ、音楽に合わせながら運動をしております。

【主な活動状況】
1.開催日時・・・ 毎月 第1・第3金曜日(午前10時 ~12時)
2.開催場所・・・ 町内会館1階
3.会  費・・・ 無 料
4.参加者の現況・・・ 30名程が参加
*新規の参加は、現在 会場と参加者を勘案すると限界を超えているため、募集はしておりませんが詳細については、代表の民生委員 本間 健一にお問合せ下さい。